スタッフ紹介

佐藤 妙 (さとうたえ) こころスペース奏 代表

精神保健福祉士 第431号

精神科病院の心理判定員(心理検査・デイケア)~精神科クリニックにて、インテーク、デイケア(アルコール、統合失調症、思春期、児童等)や、 訪問看護、家族教室、通信制サポート校の立ち上げなどの実務17年を経て2008年「こころスペース奏」を開設。ソーシャルワーク、カウンセリング、EAP等に携わる。
公的事業にも目黒保健センター、烏山保健センターにて嗜癖問題相談員、 都庁にて東京都被保護者退院促進支援事業広域支援員として従事。

中 香里 (なかかおり)

カウンセラー パーソナルコーチ 看護師

大学病院、児童医療福祉施設、精神科デイケアなど看護師としての経験を持ち、 乳幼児から思春期にある子ども達とその家族の支援に関わる。児童虐待問題について関心を持ち、アメリカにて修復的愛着療法の研修を受講。
その後コーチングを学び、プロコーチとしてこれまでの経験を含めた独自のコーチングスタイルを展開。都内各地の保育園や子ども家庭支援センター、児童館などで、子育てにコーチングを取り入れた「子育てコーチング講座」の講師を務めている。
また、カウンセラーとしては子育て中の母親たちを中心にカウンセリングを行っており、子ども家庭支援センターや保健センターなどでは専門相談員、グループファシリテーターとして育児に悩む母親達の支援を行っている。

宮入 由起子 (みやいりゆきこ)

精神保健福祉士

大学卒後、カウンセリングを学び、民間の精神科医療機関に勤務。
インテークや病棟(アルコール等の依存症、合併症、統合失調症等の急性期から慢性期まで)のソーシャルワークや訪問看護、家族会、長期入院患者の退院促進に携わる。
また、都立病院の職員メンタルヘルスに関わり、職場復帰プログラムなどのカウンセリングに従事した。

中村 聡太郎 (なかむらそうたろう) 

精神保健福祉士

精神科クリニックのデイケアにおいて、主に依存症を抱える方を中心に関わり、ミーティング、レクチャー、家族会などのグループ運営を行ってきた他、通信制サポート校において、さまざまな悩みを抱える子供たちの相談、教科指導に携わる。
現在、保健所デイケア指導員や、依存症の家族グループ、思春期・引きこもりの家族相談等、保健所をはじめとする行政機関での相談業務を複数区にわたり多数兼務している。
日本学校メンタルヘルス学会評議員、2011~2013年度理事。

 

精神保健福祉士

 

 

精神保健福祉士

 

会社概要に戻る